超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れないバイク「GyroCycle」

2016
28

9338633_orig.jpg

 バイクの事故は後を絶たない。しかも、体が向きだしで運転しているバイクは、車よりも事故がおこった時の危険が大きい。そんな問題を解決したのが、倒れないバイク「GyroCycle」だ。



 「GyroCycle」は、自分でバランスをとってくれる電動バイクだ。電源をオンしている間は止まっていても、走行中も倒れることはない。多くの事故が防げる可能性を秘めている。倒れないのは、フライホイールという、回転することでバランスをとるパーツが組み込まれているためだ。電源を入れている限り、このフライングホイールでバランスを取り続ける。
 現在はまだプロトタイプだが、製品化段階では、連続走行距離129km、最高時速121lmを目指している。



◇GyroCycleのHP
倒れないバイク「GyroCycle」

価格は、$20,000(約200万円)以下の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

バイクは危険だからと倦厭する人も多いと思う。車と違い、倒れて事故になる可能性が高いからだ。倒れないことによって、走行中も停止中も安全になる。確かに、ジャイロの原理を使えば、倒れないバイクは作ることができる。あとはどれだけうまく制御できるかだろう。

この商品から発想してみよう。
バイクや車以外で危険が伴うものや場所を想像してみよう。


たとえば、工事現場には危険がある。工事現場で働く人はもちろん、通行人も危険な場合もある。人が転落したり、物を落としたりと言った事故を減らすことができるような電子機器ができれば、使う人も多くなるはずだ。
マンションなどから、子供が転落する事故もあるが、そういった痛ましい事故もなくしたい。

第109回は以上。

メールマガジンとtwitterの紹介です。
毎週末、このブログから選りすぐりの情報を、メルマガでお届け。
超新製品ニュース メールマガジン
twitterでは、このHP以外の情報もつぶやいていきます。
超新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。