超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物の鮮度をチェック「Foodsniffer」

2016
12

Foodsniffer-300x225.jpg


 食べ物を買って、しばらく置いておいてしまい、腐っていないか気になったことはないだろうか。不安で食べなかったり、食べてお腹を壊してしまった人もいるかもしれない。食べ物の鮮度を、化学的に分析して、鮮度を判定できるのが、「Foodsniffer」だ。



 片手に持てるぐらいの大きさのデバイスと、スマートフォンのアプリを組み合わせて使う。調べたい、食品の種類を選び、「Foodsniffer」の先端を近づけるだけで、鮮度を判断してくれる。内臓のセンサーで、食品から出るガスを検知し、鮮度を判別する仕組みだ。
 食べてしまった場合の、食中毒を防げるし、不安で食べない場合の、食品ロスも防ぐことができる。家庭でも、店舗でも便利なデバイスだ。



◇FoodsnifferのHP
食べ物の鮮度をチェック「Foodsniffer」

価格は、$129.99(約15,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

食べ物の鮮度を手軽に測定できることだろう。見た目や、においで判断していたものを、化学的に判断してくれるのはとてもありがたい。食品ロスや食中毒が、これで防げるのであれば、とても安い買い物だ。

この商品から発想してみよう。
今、見た目など感覚で判断しているものは?


食べ物の熱さや、お風呂の熱さは、湯気の多さなどで判断することもあった。手軽にふれずに温度が測れるようになれば、便利だ。実際、小型のサーモグラフィーが発売されている。人の表情で起こってるか、機嫌ががいいか判断することもある。それも、ビックデータなどで確実にわかると、交渉ごとなどに使えるかもしれない。

第118回は以上。

メールマガジンとtwitterの紹介です。
毎週末、このブログから選りすぐりの情報を、メルマガでお届け。
超新製品ニュース メールマガジン
twitterでは、このHP以外の情報もつぶやいていきます。
超新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。