超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像処理会社の自動運転「NVIDIA DRIVE PX」

2017
22
CESに出展されていたすごいものを紹介していきたいと思う。

drive-px-header.jpg

 自動運転に関するニュースは、数多く流れている。Googleがテスト運転をしたり、自動車メーカーも各社参入しようとしている。そんな自動運転の世界に画像処理の技術を生かして、参入を狙っているのが、NVIDIAだ。



 「NVIDIA DRIVE PX」は、AI搭載の車載用コンピューターだ。このコンピューターを乗せることによって、様々な自動車メーカーが自動運転を行うことが可能になる。自動運転だけではなく、そのための高精細な地図の作成や、ネットワーク越しに情報をおくり、ディープラーニングすることも可能になる。
 それだけでなく、ソフトウエア開発キットも用意されている。オープンなプラットフォーム上で、自動車メーカーや、サプライヤーがソフトウエアの開発を行い、自社の製品をよりよいものにできる。



◇NextDrive CubeのHP
画像処理会社の自動運転「NVIDIA DRIVE PX」

この製品のユニークな点はなんだろう?

画像処理のチップやグラフィックボードを作っていたメーカーが、自動運転に参入したところだろう。自動車メーカーには、コンピューターや、A.I.を使う自動運転のシステムは荷が重い。そこに、画像処理技術をテコに参入しようとしているNVIDIAの発想はすごいと思う。

画像処理技術が生かせそうなことな何だろう?

AmazonGOというサービスは知っているだろうか?店舗にレジをもうけず、手にとって、買い物かごに入れた商品を自動的に判別して、自動で支払いができるコンビニエンスストアのような店舗だ。これにも画像処理の技術は生かせる。
他にも、ジェスチャーによるテレビの操作なども出てきているが、これにも画像処理の技術は生かせるだろう。

第131回は以上。

メールマガジンとtwitterの紹介です。
毎週末、このブログから選りすぐりの情報を、メルマガでお届け。
超新製品ニュース メールマガジン
twitterでは、このHP以外の情報もつぶやいていきます。
超新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。