超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「OSSIC X」 没入感たっぷりの3D ヘッドフォン

2016
10

OSSIC X

 PlaystationVRや、OculusなどVR(バーチャルリアリティ)の世界が広がりそうです。
さらに没入するためには、音も3D対応して欲しいところです。ステレオの2方向の音声では足らなくなるでしょう。
「OSSIC X」は、3Dに対応したヘッドフォンです。自動でキャリブレーション可能で、没入感が増すことは間違いないです。



 3Dオーディオアルゴリズムと同期することで、頭の位置を把握し音の聞こえる方向を補正し、完全な3Dサウンドをあなたに届けます。新たな音楽体験ができるようになるでしょう。
 音楽体験だけでなくて、VRにも使うことができます。頭の向きだけでなく、三次元的に場所を把握して、最適な音声を届けることができます。これでゲームの没入感が増すことは間違いありません。



◇INDIEGOGOのURL
「OSSIC X」 没入感たっぷりの3D ヘッドフォン

価格は、$399(約43,000円)の予定です。

この商品のユニークな点はどこでしょう?

普通のヘッドフォンに見えるのに、三次元の空間を作ることができるのはユニークです。
部屋全体だと、5.1chなどはありますが、それをヘッドフォンで実現しているのは面白いです。
ヘッドフォンの中の耳の部分にも工夫がされてそうです。

この商品から発想してみましょう。
より没入感を出すために、VRと組み合わせるとよいものは何でしょうか?


究極は全身の触感だと思います。ただ、今はそれが難しいのも事実です。
せめて、手の感覚だけなどでもあれば、没入感は増すと思います。
他にも、においや、風の感覚などは、現在でも可能だと思います。

第23回目は以上です。

こんな商品もあるから紹介してみてはどう? という提案はありませんか?
大歓迎ですので、コメントかメッセージでいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。