超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな場所でも手書きをデジタルに「Pixcil」

2016
07

pixcil.jpg

 パソコンでタイプするより手書きの方がいろいろなことが表現できる。文字だけでなく、イラストで表現することも可能だ。それを手軽に、スマートフォンと専用ペンだけで行うことができるのが、「Pixcil」だ。お金がかかるのは、専用ペンのみ、価格は$15~25とお手頃だ。



 仕組みが面白い、専用ペンで書いている様子をスマートフォンで撮影する。スマートフォンのカメラと、あらかじめインストールしておいたアプリで、専用ペンの軌跡をおい、デジタルに翻訳するのだ。
 この「Pixcil」の良いところは、どんな場所でも対応可能なこと。机の上に限らず、横方向に固定すれば、ホワイトボードに書いた文字もデジタルにすることができる。



 そして、そのデータは、そのままメンバーや送りたい人にシェア可能になる。

◇KickstarterのHP
どんな場所でも手書きをデジタルに「Pixcil」

価格は、専用ペンが、$15,$25(1,5000円と2,500円)。アプリの使用に月額$5(500円)必要だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

デジタル入力できるペンはたくさんあるが、どんな場所でも対応可能、しかもスマートフォンのカメラを使って、それを実現するのは面白い。
いちいち、機材をそろえる必要がなく、ペン一本でできれば、とても便利だろう。

この商品から発想してみよう。
手軽にデジタルデータにできると便利なものは?


たとえば、音声はどうだろう。会議などで、会話を録音することがあるかもしれないが、書き起こすのは時間がかかる。それを、自動で文字にしてくれると、便利だと思う。
他にも、味をデジタルデータにできるとどうだろう。飲み物の、甘さ、しょっぱさ、苦さなどをデジタルデータにできると、好みの分析などもできるかもしれない。

第46回は以上。

メールマガジン始めました!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届けします。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。