超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてのものを音声入力可能に「ReSpeaker」

2016
10

respeaker.jpg

 iPhoneにはSiriという機能がある。音声を認識して、質問に答えてくれる。音声認識の技術は、格段に改善していっている。ただし、それは何にでも使えるわけではない。家の照明を音声に認識できるようになるわけではない。好きなものを、好きなときに、音声認識できるわけではないのだ。
 そんな問題を解決しようとしたのが、「ReSpeaker」だ。これを使えば、どんなものでも音声認識させ、また音声出力させることができる。



 Wi-Fiモジュールを備えており、高性能マイクを備えている。スピーカーをつけることも可能だ。オンラインでは、オープンソースのアプリや、プラグインなどを使うことができる。



 スタートアップで製品を作ろうとしている人たちや、自分でガジェットを作ることが好きな人たちが、音声認識で操作するものを作ろうとしたときに最適な商品と言えるだろう。

◇KickstarterのHP
すべてのものを音声入力可能に「ReSpeaker」

価格は、もろもろ1セットで$189(約20,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

音声認識を誰でも使えるようにという発想は新しい。
IoTの世界では、ラズパイという小型のコンピューターがあるが、それの音声認識バージョンと考えてもいいかもしれない。

この商品から発想してみよう。
何にでも手軽に使うことができるようになれば嬉しいパソコンやスマートフォンに入っている機能は何だろう?


たとえば、カメラ。カメラのモジュールだけ売るということは可能だろう。カメラだけではなく、画像認識のシステムもつけると、侵入者がいると電話がかかるなどのシステムも作ることができる。
また、小型の電子マネーシステムがあれば、どんなものでもおサイフケータイ機能をつけることができるようになる。

第48回は以上。

メールマガジン始めました!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届けします。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。