超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離れていてもスマホを充電「AirVolt」

2016
24

airvolt.jpg

 スマートフォンを充電するとき、どうしているだろう?
電源コードに繋ぐか、Qiのようにワイアレスで台の上において充電するなどがあると思う。ただ、これだと充電したままだと使いにくい。それを解決したのが、「AirVolt」だ。



  12mまでなら離れていても充電できる。これで煩わしい電源コードからも開放される。電源にさした、トランスミッターから電波が飛び、スマートフォンに付けられたレシーバーがそれを受信し、充電できる。フル充電までは3時間。自動充電モードもあるので、家にいるときなら、電源を一切気にせずスマートフォンを使うことができる。



◇INDIEGOGOのHP
離れていてもスマホを充電「AirVolt」

◇価格は、$59(約6,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

煩わしい充電という作業から解放されたことだろう。
今は、外にレシーバーを付けないといけないが、内蔵されてしまえば、充電を意識しなくてよくなる。これが、会社や店舗などあらゆる場所につけば、充電の必要は一切なくなる。

この商品から発想してみよう。
コード/ケーブルがなくなると便利なものはなんだろう?


今、コンピューターへハードディスクやスピーカーをつなげるのはUSBケーブルが一般的だ。このケーブルがなくなれば、とても便利だ。ついでにこの「AirVolt」のように無線給電になれば、コンセントの必要もなくなる。
他にもテレビのアンテナもコードがあるが、これも規格を統一すれば、なくすことができるだろう。

第59回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン


スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。