超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと安全な鍵をかけよう「Smart Cube」

2016
04

smartcube.jpg

 家のドアや窓、机の引き出しなどに鍵をつけたい、鍵を追加したい、と思ったことはないだろうか。鍵をつけるなら、安全で、安心できるものがいい。鍵穴がないだけ、鍵がかかっているかどうか分からないだけでも安全度は高まる。それを可能にしたのが「Smart Cube」だ。開閉はBluethoothで接続されたスマートフォンで行う。



 本体は、ネジを受ける部分がついた四角い箱、そのネジに対応する鍵の部分で1セットだ。この2つがついになって、机やドアに強力な粘着テープで固定されることで鍵の役割を果たす。
下記のような特徴がある。
・手軽につけることができる。
・鍵の部分が見えないので、破られにくい。
・机やドアなどのデザインにも影響を与えない。
・鍵がこじ開けられようとしたら、警報が届く。



◇INDIEGOGOのHP
もっと安全な鍵をかけよう「Smart Cube」

価格は、$69(約7,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

スマートフォンとの連携など、IoTを意識した鍵は存在するが、通常の鍵との併用などが多かった。これは、スマートフォンのみで解錠できるとしたところがユニークだ。
外側に見えないので、鍵がかかっているかどうかも判別不可能。開けようとしただけで、通知が送られてくる。スマートフォンでないと解錠できないと割り切れば、安全性が高まるという発想が面白い。

この商品から発想してみよう。
IoTを使って、家の安全を高める方法は?


家の安全性を脅かすものは何だろう。泥棒、火事、地震、洪水などが考えられる。この中から火事を考えてみよう。
コンロや、ファンヒーターなどの事故は、温度センサーがあれば防げる可能性がある。温度センサーをつけておき、ある温度以上で通知がきたり、自動的に消えるなどだ。コンセントのように温度センサが組み込まれている家などもあれば、家全体を監視し、火事を防げる可能性がでてくる。

第68回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。