超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ているそのままを写真に「Spectacles」

2016
09

saolcdn3.jpg


 見たままをいつでも写真に残したいと思ったことはないだろうか。カメラやスマートフォンでは、取り出して構えるまでに時間がかかる。そんな問題を解決したのが、「Spectacles」だ。



 メガネのような形状をしており、メガネのつるの部分にあるボタンを押すと撮影ができる。動画の録画もでき、その時間は10秒だ。スマートフォンと同期して、smapchat上で共有できる。細くをすると、snapchatは、スマートフォンのアプリで、友達と写真を共有したり、チャットをしたりするアプリで、日本でもかなりメジャーになってきている。
 話をカメラに戻そう。このカメラ、視野角が115度ある。人の視野角を意識したのだろう。まずは少量の出荷になるそうだ。

saolcdn2.jpg

◇SpectaclesのHP
見ているそのままを写真に「Spectacles」

価格は、$130(約15,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

メガネに、カメラをそのまま付けて、カメラをとる煩わしさをなくしたことだろう。
発表はされていないが、カメラが両側に2つついているので、3D撮影もできるかもしれない。見たまま取れる、いつでも取れるというのは、カメラとしては1つの理想だ。それに近づこうとしている点が面白い。

この商品から発想してみよう。
人が感じたまま残せるといいものはなんだろう?


匂いや味は、記憶と強く紐付いている。写真と一緒ににおいが出てくるなどあると、楽しい。技術的にすぐには難しいかもしれないが、将来はできる可能性はあるだろう。
また、そのときの気持ちを記録することはできないだろうか。楽しい気持ちをなにかの表現で、簡単に記録しておけると、写真をみることが楽しくなる。

第72回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。