超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着ているだけ発電できる布

2016
17

 今回は、未来につながる技術の紹介をしたいと思う。
nuno.jpg

 時計には自動巻のシステムがある。つけているだけで自動的に発電でき、時計が動くシステムだ。日頃着ている服で発電できるようになったそうだ。周囲の日照と体の動きによる摩擦で発電できる。
 この布は、ベースに低コスト軽量のポリエステルを使用し、繊維表面に金属と半導体をコーティングしている。この繊維表面の異なる材料どうしが、摩擦すると帯電する。この帯電した電子を分離し、電流とするのだ。これを何度も来る返すことで、交流電流が発電できるようになる。



 ウエアラブルデバイスの充電が必要なくなる時代がくるかもしれない。

◇Georgia Techによる紹介HP
着ているだけ発電できる布

この製品のユニークな点はなんだろう?

動くという人間が必ず行う動作で発電できることだろう。摩擦は必ず起こるし、それは熱や繊維の摩耗という形で、無駄になっているエネルギーだ。1回は微弱でも、集まればウエアラブル端末ぐらいは動かせるかもしれない。是非、実現して欲しいアイデアだ。

この商品から発想してみよう。
日々の生活で無駄になっているエネルギーは?


たとえば、歩くという動作は、繊維の摩擦だけではなく、靴の上下動作も伴っている。靴の中に発電できる素子を組み込めば、電力が作り出せる可能性もある。スマートフォンやパソコンなどは使用していると熱を持つ、これらの熱も無駄になっているエネルギーだ。
他にも、温度差で発電できるデバイスは存在する。そういったものを冷房が効いている部屋の壁などに取り付けると、原理的には発電可能だ。

第79回は以上。

twitterやっています。
このHP以外の情報もつぶやいていきます。
ぜひ、フォローをお願いします。
超 新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。