超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり斬新!蜘蛛型ロボット「Xpider」

2016
18

xpider.jpg

 人型や、犬型をはじめとして、いろいろな形のロボットがでている。特徴も様々だ。「Xpider」は、蜘蛛の形をしたニューラルネットワークを使ったロボットだ。8.5cm 150gと、小型で軽量なため、どこでもロボットをプログラミングして楽しむことができる。



 遊び方は様々だ。
・プログラムすることにより決まった動きをさせることができる。
 プログラムソフトは簡単で使いやすくなっている。
・カメラがついているため、ディスプレイを見ながら「Xpider」を動かすことができる。
 さらに、「Xpider」の視点になり、拡張現実(AR)を楽しむこともできる。
・また、上部が外れるため、3Dプリンターを使えば、あなた自身の「Xpider」を作ることも可能だ。



◇INDIEGOGOのHP
かなり斬新!蜘蛛型ロボット「Xpider」

価格は$149(約15,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

形状が非常にユニークだ。蜘蛛のように足がたくさんついている。
この形状だからこそ、ユニークな動きもできるし、着せ替える楽しみも出てくる。
SF映画にでてきそうだが、今までなかった形だろう。

この商品から発想してみよう。
何の動物を模したロボットなら遊んでみたいだろうか?


犬型や、人間の形、猫型のロボットは存在する。それ以外を考えてみよう。
例えば、鳥の形をしていて、肩から飛び立って、肩に帰ってくると、鳥を操っているようで気持ちいい。ペンギン型のロボットと一緒に泳ぐ。水難事故のレスキューに駆けつけてくれるなどもいいだろう。すでにあるかもしれないが、蛇型のろぼっとであれば、どんな細い空間でもはいっていけそうだ。

第80回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。