超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水質がチェックできる水筒「Ecomo」

2016
19

ecomo_original.png

 海外に旅行に行くと、飲み水に気を遣う。行く場所によっては、うがいですら、お腹を壊すことがあるそうだ。「Ecomo」は、海外旅行やアウトドアで活躍する水質がチェックできる水筒だ。しかも、フィルター機能も搭載している。



 使い方はとても簡単だ。「Ecomo」に水を入れてから振るだけ、下部にあるLEDディスプレイに「BAD」「MODERATE」「GREAT」の文字が表示される。「BAD」の場合は、ボトルの下部のフィルタで、水質を改善することが可能だ。
 このLEDディスプレイは、取り外して、ウエアラブル端末としても使用可能。脱水モニタとしても使うことができる。スマートフォンアプリと連携すれば、水質を見るだけでなく、飲んだ水の量を管理したり、体の水分状態をチェックすることもできる。



◇KickstarterのHP
水質がチェックできる水筒「Ecomo」

価格は、$139(約14,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

水筒で、且つ、水質チェックができる点だ。海外に行って、飲み水に困ることは多い。キャンプなどで、わき水を飲む場合も迷うことがある。それを解決できるアイデアはすばらしい。また、フィルターもついており、水質改善をできる点もこの水筒をかなり便利なものにしている。

この商品から発想してみよう。
水筒やペットボトルにどんな機能があれば、便利だろうか?


水筒やペットボトルを回しのみすることも多いだろう。特に子供で、兄弟、姉妹同士などはそうだろう。そういうときに、風邪などの病気が防げるととてもうけるだろう。
他にも、缶入りの飲み物は、持ち運びや保管にこまることがある。プルタブを戻すとふたになる、飲料缶などがあっても便利だろう。

第81回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。