超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった88gのVR機器「Dlodlo V1」

2016
24

Dlodlo.png

 PlaystationVRが発売された。これから、VRがどこまではやるか楽しみだ。家で座ってゲームをやるなら、それなりに大きくてもよいかもしれないが、もっと気軽に使おうと思うと、もっと小型で、軽いVR端末が求められるだろう。そんな願いを叶えるのが、「Dlodlo V1」だ。



 重さは、たった88g、大型のサングラスぐらいの大きさだ。しかも、PS4もPCも必要なく、ポケットサイズのコンピューターにつないで使う。視野角は105°と広く、リフレッシュレートは90Hz、9軸ジャイロを搭載している。解像度は2K以上ある。これだけの性能をみても、スマートフォンよりもかなり良い特性であることも分かる。
 小型で、使いやすく、性能も良い。アプリケーション次第では、可能性が広がりそうなデバイスだ。



◇KickstarterのHP
たった88gのVR機器「Dlodlo V1」

価格は$866(約88,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

小型であることと、性能が高いことを両立していることだろう。VRを体験すれば、わかると思うが、重いのは頭に付けているだけでつかれる。ただし、スマートフォンを使った簡易なセットは、動きが悪く、よったり、ストレスがたまる。軽くて、性能が良いことを両立できるセットになるとすばらしい。

この商品から発想してみよう。
軽くて、持ち運びの聞くVR機器はどんな使い方を想定できるだろう?


さすがに、透過型のデバイス(AR)ではないので、街の中を歩くのは難しいだろう。ただし、立ったり座ったりの動作をする。決まった空間を動くなどはできる。たとえば、コンテンツがそろえば、博物館や動物園などを歩くように見ることや、アクションゲームを自分がやっているかのように体験することもできそうだ。
持ち運びが容易になり、飛行機や新幹線の中で映像やゲームを楽しむこともできるようになりそうだ。

第85回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。