超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルなバトルスーツ「SuperSuit」

2016
25

yIR48UX.jpg

 ウエアラブル機器は様々なものが出てきいる。そのほとんどが、実際役に立ち、生活を便利にしようとするものだ。この「SuperSuit」は、そんなウエアラブル機器とは一線を画している。ゲームのためにあるウエアラブル機器だ。



 この「SuperSuit」は、ウエアラブルのゲーム機器のプラットフォームを目指している。電話がなくても通信できるZi-Fiという規格で、機器同士がつながり、15種類のゲームがプリインストールされている。もちろん、プリインストールされている以外もダウンロードすることが可能だ。
 ジェスチャーを認識し、ショックで身につけた機器が振動する。これにより、すごい力が出せるように感じる事も、敵を打ち落とすこともできる。グローブの部分には液晶がついており、これによりゲームを選ぶことができる。ダウンロードしたゲームや、スコアはスマートフォンでも確認できる。



◇INDIEGOGOのHP
リアルなバトルスーツ「SuperSuit」

値段は、2つセットで$229(約23,000円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

ゲームに特化したウエアラブル端末という点だろう。鬼ごっこだけでも楽しいのに、これを使うとより楽しさが広がりそうだ。サバイバルゲームの進化と行ってもいいだろう。様々なゲームのプラットフォームにしようという考えも面白い。

この商品から発想してみよう。
子供の頃やっていた遊びで、IoTで進化できそうなものはあるだろうか?


ケードロという遊びがあった。今のテレビ番組では、逃走中などに近い。あの遊びも、身につけた端末が、敵が近づいてくると知らせてくれるなどあれば、楽しみが広がりそうだ。だるまさんがころんだも、動いているかどうかの判定を正確にやってみてはどうだろうか。缶蹴りなども、缶が自由な動きをするなどあると面白いかもしれない。

第86回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。