超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴が暖まるウエアラブルデバイス「DEGITSOLE」

2016
27

002-1-300x225.jpg

 足先がつめたくて、耐えがたいことはないだろうか。冷え性の人は特にそうだと思う。そんな問題を解決してくれるのが、「DEGITSOLE」だ。靴の中敷き(インナーソール)で、スマートフォンを通じて、温度を調整できる。



 スマートフォンのアプリをダウンロードすれば、スマートフォンから靴の温度をコントロールできる。温度調整は自由自在。しかも中敷きだから、どんな靴にも合わせることができる。
 「DEGITSOLE」にできることは、足を温めることだけではない。歩数のカウントや、移動距離の計算、消費カロリーの算出もできる。



◇DEGITSOLEのHP
靴の暖かるウエアラブルデバイス「DEGITSOLE」

値段は、99.99ユーロ(約11,500円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

足を温めるということをコンセプトとしたところだろう。確かに足が冷たくて、つらいことがある。暖めすぎないようにスマートフォンで温度をコントロールできるのも面白い。この機能があると、歩いているうちに足が熱くなりすぎて不快になることもなさそうだ。

この商品から発想してみよう。
体の部分で暖めたり、冷やすと良い場所はどこだろう?


熱が高いときは、氷枕などで頭を冷やす。これにIoTの力を加えても面白い。熱を測りつつ、熱の高さに応じて、氷枕の温度を変えられるとよく寝られて、病気の治りもはやまりそうだ。
冬に使う、カイロもそうだろう。シール式のものもあるが、室内などでは熱くなりすぎたりする。これを、スマートフォンからコントロールできれば、便利だ。

第87回は以上。

メールマガジンやっています!
毎週末、このブログから選りすぐりの情報をまとめてお届け。
ぜひ、登録をお願いします。
超新製品ニュース メールマガジン
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。