超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すでに実用化、自動運転車「Olli」

2016
30

161024_mugendai_1.jpg

 自動運転が盛り上がっている。自動ブレーキシステムは日本でも多くの車についており、事故を減らしている。完全な自動運転までは、まだ先かと思っていたが、そうではないようだ。自動運転車「Olli」は、すでにワシントンDCの公道で実用化されている。



 スマートフォンで登録すれば、向かえに来てくれ、目的地まで連れて行ってくれる。自動運転機能だけでなく、社内で「Olli」と会話もできるそうだ。乗った後の支払いも、スマートフォンで可能だ。
 この自動運転や、会話には、IBMの人工知能Watsonが活躍している。今後は、マイアミや、ラスベガスでも運行を予定している。ぜひ乗ってみたい。



◇OlliのHP
すでに実用化、自動運転車「Olli」

この製品のユニークな点はなんだろう?

自動運転が実用化され、すでに公道を走っているのは驚いた。これだと、バスやタクシーの運転手はいらなくなる。しかも社内で会話できれば、様々な情報を得ながら通勤も可能だ。デザインも、乗り合いタクシーのようで、面白い。

この商品から発想してみよう。
自動運転ができるようになったら、車内でなにをしたいだろうか?


睡眠をとりたい人は、多いように思う。目が覚めたら会社にいたら、有効に使うことができる時間が増える。ゲームや読書、テレビを見る人もいるだろう。フィットネスマシーンで運動もできると良い。
自動運転ができた前提であれば、こういう機能がついた自動車が売れるかもしれない。

第89回は以上。


メールマガジンとtwitterの紹介です。
毎週末、このブログから選りすぐりの情報を、メルマガでお届け。
超新製品ニュース メールマガジン
twitterでは、このHP以外の情報もつぶやいていきます。
超新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。