超 新製品ニュース (Crowd Fan)

~まだないモノを見てみよう  まだないモノから考えよう~

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤフォンジャックでリモコンに「riimo」

2016
02

gsy1rlwxm7azw644ew9b.jpg

 現在、いろいろな電子機器はリモコンで操作できる。テレビ、エアコン、オーディオ、照明などなど、家にリモコンがあふれていないだろうか。多くのリモコンは赤外光を使っている。スマートフォンをリモコンとして使おうとした場合、この赤外光の発光がネックだった。スマートフォンが赤外光を発光する機能を持たないのだ。それを解決したのが、「riimo」だ。しかも、イヤフォンジャックに挿入でき、そこに隠れてしまうぐらい小さい。



 もちろん、TVでも、ハードディスクレコーダーでも、エアコンでも、すべての赤外を使ってる電化製品のリモコンになる。
 アプリには、様々な電化製品の設定がプリインストールされており、選んでいくだけで使うことができるようになる。電池もいらないのでエコロジーでもある。
 とても便利なのだが、iPhone、iPadのみに対応しているのが残念だ。iPhone7には、イヤフォンジャックがなくなってしまった。



◇KickstarterのHP
イヤフォンジャックでリモコンに「riimo」

価格は、$8(約900円)の予定だ。

この製品のユニークな点はなんだろう?

イヤフォンジャックのみで、iPhoneをリモコンにできるところだろう。イヤフォンジャックに隠れるぐらいで、いつも付けていても違和感がない。これだけ小さく、安ければ、リモコンが壊れたときに、新しいリモコンを買うよりもはるかに良さそうだ。

この商品から発想してみよう。
イヤフォンジャック以外で、スマホをリモコンとして使うにはどうすればいいだろう?


据え置きの装置で、Wi-FiやBluethooth越しにつながり、赤外光を発生するリモコン仲介デバイスは既にある。それ以外に、発想してみよう。AndroidであればUSB、iPhoneであればLightningCableに付けて、そのデバイス自体もポートを持っていれば、充電する際にいちいち抜き差しの必要はない。他にもケースにリモコン装置をつけてもいいだろう。Qiなどで、スマートフォンと同時にワイアレス充電できれば、わざわざ充電する必要もなくなる。


第92回は以上。


メールマガジンとtwitterの紹介です。
毎週末、このブログから選りすぐりの情報を、メルマガでお届け。
超新製品ニュース メールマガジン
twitterでは、このHP以外の情報もつぶやいていきます。
超新製品ニュース Crowd Fan twitter
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。